保護者様へ 新型コロナウィルスに関する今後の当塾の対応について

(3月29日更新)
4月以降「学校休校」や「外出禁止」になった場合の,現時点での当塾の運営方針は以下の通りです。
1.もし外出禁止になれば,4月13日の新高1生,新高2生の新規入塾を5月11日に暫定的に延期します。
その間,各自に自習用テキストを配布し,自宅学習を勧めます。
その場合,4月の授業分は夏期講習などで挽回できるようカリキュラムを改定します。
2.もし外出禁止になれば,在校生,新高3生の新規入塾生は映像授業となります。
映像授業となる場合,予め授業動画を撮影,編集した上で,
a)インターネット配信
b)DVD配布
のいずれかを予定しています。各ご家庭にて「Wi-Fi環境とディスプレイまたはタブレット」あるいは「DVD,ブルーレイ再生機器とテレビまたはディスプレイ」が必要となります。
保護者様と相談させていただきながら,各ご家庭に最適な対応を柔軟に考えていきます。
予習プリント,授業プリントなどは郵送にて対応予定です。
質問,相談などは,電話,LINEなどのアプリの利用を検討しています。
 
(3月26日更新)
本日,東京都が不要不急の外出を避けるよう「外出自粛」の要請をしました。
現在のところ,当塾では3月29日から4月5日までの春期講習,入塾説明会を通常通り実施する予定です。
都の外出自粛要請の期間は4月12日までとのことですが,その後も要請が解除されることなく「外出禁止」に発展する可能性も考えられます。
4月13日からの新学期の授業も,通常通り開講予定ではございますが,今後の動向を注視して柔軟に対応してまいります。
 
(3月13日更新)
現時点での,当塾の運営方針をご説明致します。
3月14日からの春期講習は通常通り開講致します。
教室では,講師のマスク着用,換気,温度湿度の調整を心がけて参ります。
 
注意事項
1.発熱,風邪のような症状がある場合は,ご来塾はお控えください。
2.休憩時間の教室内での飲食はできるだけ避け,飲食前には必ず教室にあるハンドソープで手洗いしてください。
3.咳,くしゃみの際はなるべくハンカチ,衣服などで口元をおさえるようにしてください。
 
上記のように判断した背景をご説明致します。
現在の国内の新型コロナウィルスの状況は,「感染拡大の速度をなるべく遅らせる時期」だと私は考えております。
ウィルスを目視できない,検査の確実性の低い,無症状の感染者がいる状況で,今後のウィルスの感染拡大を完全に防ぐことは限りなく不可能と言える状況です。春から夏にかけて終息に向かうのか,秋冬以降の治療薬,ワクチンの開発成功まで待つかはまだわかりませんが,それを見据えて中長期的な運営方針を判断していかなくてはいけません。今後も状況を見ながら柔軟に対応し,運営方針に変更等ある際は,ホームページに掲載させていただきます。
(2月29日更新)
2月27日の全国公立小中高の休校要請を受け,29日現在,都内の私立高校も続々と休校を決定しています。
今後の当塾の運営方針をご説明致します。
・新規の講習を減らす
例年2コマ開講していた,新高2,高3対象の春期講習「整数」の開講数を減らし,1コマの開講とします。
また,新高1対象の体験講習を中止します。
・現時点で既存の春期講習は開講する
室内の換気,湿度の保持,講師のマスク着用などに注意を払いながら,今のところは予定通り春期講習を開講する予定です。
ただし,今後の国や都,社会の判断を見ながら,場合によってはビデオ授業を実施するなどの可能性も,柔軟に判断して対応していきます。
上記のように判断した背景をご説明致します。
現在,国内で感染が拡大している新型コロナウィルスについて,
・武漢市の1月上旬までの様子を見る限り,とても感染力が強い
・潜伏期間,発症期間が長く,完治までの時間が非常に長い
・高齢者の致死率が高い
・感染した場合,将来の健康へ及ぼすリスクがわかっていない
ということから,2月上旬の中国春節の頃から,私は非常に警戒しておりました。2月29日現在,国内の潜在感染者は数万~数十万人既にいるだろうと,個人的に推測しております。
既にウィルスは身近にあり,私自身もいつ感染してもおかしくない状況にあると感じております。そして今後国内の発症者数は爆発的に増えていき,4月以降も終息しない可能性が高いであろうと危惧しております。
今回のウィルスの感染拡大を止める現状唯一の手段は,全ての人の出入りを完全に遮断すること,だと思います。
しかしながら実際は,一日や二日程度ならまだしも,それが3月いっぱい,そして4月以降の見通しも不透明な状況で,全ての社会活動,経済活動を止めることは様々な方面で大きな損失を生みます。おそらくは国も,まずは比較的経済への影響の少ない学生の動きから止めるという,苦肉の策に今回でたのでしょう。その判断の是非は私が語るようなことではございませんが,今度判断がせまられるのは企業です。どれだけこの新型ウィルスに危機感を持って予防策に取り組むか,もしくは活動を停止するのか。当塾も今後の周りの様子を注視しながら,柔軟な対応を心がけて参ります。
世界塾 向井雅弥

東大、京大、難関国立大の受験に必要な数学力って?

東大や京大、難関国立大学の試験を突破するには、受験のテクニックだけでは通用しません。過去問や頻出問題を解くだけでは不充分です。

なぜそれだけでは不充分なのかというと、経験したことのない問題が出てきても自力で解く力のある生徒を大学が求めているからです。それこそが本質的な数学力であり、受験問題は当然その方針の元に作られています。

単に講義を聞いたり、自己採点をしたり、頭で理解するだけでは、時間の限られている試験本番で、効率よく問題を解いていくことは難しいでしょう。

どうすれば受験を突破することができるの?

どんな問題でも論理的に考えて解決の道筋を立てること。一言で言えば、これが本当の数学力です。

本当の数学力を身につけるには、基礎を学び、根本的な数学への理解を深めるとともに、常日頃から経験したことのない問題を解くということを、習慣化してしまうことが重要です。

自分の手を動かして、今までやったことのない新たな問題を解くことが習慣になっているからこそ、受験本番でも『いつもと同じことをするだけ』という気持ち的な余裕が生まれ、本来の力を発揮することができるのです。

世界塾ならどんな問題も解ける本物の数学力が身につく!! 6つの理由

数学講師一筋10年以上のプロによる徹底的にわかりやすい授業!

受験数学のプロが、数学の根本的な考え方から教えるから、数学の本質を理解できるようになります。本質が理解できてくると、数学はどんどんわかるようになります。

数学が苦手だったのが、世界塾に通い始めてからは得意になったという生徒も少なくありません。

講義を聞いたらすぐに実践して理解を定着させる!

講義 → 演習 → 解説 の順番で、頭と手を両方動かすように授業を進めていきます。すぐに実践することで、その場で理解度を確認しながら着実にステップアップしていけます。

課題でさらに知識を応用する力が身につく!

世界塾では毎回課題を出しています。
この課題をこなすことで、実際の解く力をさらに養い、応用できる実力を身に付けることができます。

徹底的に研究して組まれた受験までのカリキュラム

世界塾のカリキュラムは、実際の受験の時期から逆算してカリキュラムを組んでいます。その時々で塾で教えることは、その時期までに身につけてほしい題材を取り上げています。

ですので、世界塾でのカリキュラムを学習し身に付けることが、そのまま受験までに必要な数学力を身につけることに繋がります。

あれこれ参考書に手をつける必要はありません。塾のカリキュラムをしっかり理解してください。

少人数制でコミュニケーション豊富な授業スタイル

授業は少人数で行ないます。一方的に話を聞くだけになったり、置いてけぼりになるといった心配もありません。

また、意識の高い仲間と切磋琢磨することで、自分の立ち位置を知ることもできるから、頑張ろうという気持ちも湧いてきます。

質問歓迎!納得いくまでとことんアドバイス!

講師は教えることが大好きです。わからないことなどがあれば、いつでも質問を受け付けます。一生懸命理解しようとする生徒には、納得いくまでとことん付き合います。気軽に質問ができる環境は、生徒さんにもとても好評です。

『世界塾に通って数学に強くなった!!』生徒さんの声

授業で扱う問題やオリジナル問題集の問題の質が非常に高くその解説も丁寧です。考え得る解法は全て紹介してくれ、またそれぞれの長所や短所を教えてくれるため、他の問題への応用力がつけることができました。

さらに詳しく>>>

世界塾の授業では、板書を必要としない分,先生の解説を聞きながら自身の頭でも考える事が求められます。先生がどんどん質問してくるので、少しでも油断していると恥ずかしい思いをします。

そのため、授業中は気を緩めることなく考えていなくてはいけません。大変ですが、授業に参加していることが実感できるし、解決の糸口を発 見できた時の喜びや達成感はなににもまして嬉しいものです。

また、わからない顔をしていると、先生はすぐに気づき、より理解しやすい説明をして下さいました。

さらに詳しく>>>

授業では,ひとつの問題を様々な視点から取り扱い、さらにその中で1番楽な解法を考えるなど、常に頭を働かせる工夫がされていたので、授業後にはヘトヘトになりました。

ですがそのおかげで、ひとつの問題に対し様々な解法を考えつくことができるよ うになりました。

さらに詳しく>>>

世界塾では基礎の部分から教わりましたが、基礎を教わった直後に、同じテーマで難易度の高い問題を扱われたため、基本的な知識を身につけながら応用力も身につけることが出来ました。

そして、結局のところ東大や一橋等の問題も基本的な知識を正しく用いれば解くことができる、ということが実感できたため、どんな問題に対しても、気負うことなく向かう姿勢を身につけることができました。

さらに詳しく>>>

主な進学先一覧

七期生 2017年度

現役生19名中

東京大学 2名
横浜市立大学医学部 1名
一橋大学 1名
首都大学 1名
早稲田大学・慶応義塾大学 5名

六期生 2016年度

現役生18名中

 

東京大学 3名
一橋大学 1名
東京工業大学 2名
筑波大学医学群医学類 1名
早稲田大学・慶應義塾大学 2名

五期生 2015年度

現役生28名中

 

東京大学 3名
京都大学 1名
一橋大学 4名
筑波大学医学群医学類 1名
東北大学 1名
横浜国立大学 1名
東京女子医科大学医学部 1名
帝京大学医学部 1名
早稲田大学・慶應義塾大学 7名
東京理科大学 2名

四期生 2014年度

現役生29名中

東京大学 4名
一橋大学 1名
首都大学東京 1名
早稲田大・慶應義塾大 6名
東京理科大 3名

三期生 2013年度

現役生21名中

東京大 3名
京都大 1名
東北大 1名
横浜国立大 1名
早稲田大・慶應義塾大 6名
上智大 1名

二期生 2012年度

現役生14名中

東京大 1名
一橋大 4名
筑波大医学群医学類 1名
九州大 1名
早稲田大・慶應義塾大 4名

一期生 2011年度

現役生21名中

東京大 2名
一橋大 5名
東京工業大 1名
千葉大 1名
早稲田大・慶應義塾大 5名

上智大 1名

たくさんの合格実績はこちらから>>>

塾長からメッセージ

世界塾は、一流大学の合格を見据えて受験勉強に取り組む意欲のある高校生のみなさんに、本物の学力を身につけてもらうために設立した数学専門の学習塾です。

世界塾に通う生徒さんは、みな自主的に授業に参加しています。ただ受け身で講義を聞くだけの授業に物足りなさを感じているなら、世界塾の授業はきっと気に入ってもらえるはずです。わからないことがあれば、質問も歓迎します。積極的に世界塾を活用してください。

私は10年間、数学の講師一筋でやってきました。例え今、数学が苦手な人であっても心配はいりません。わかりやすく楽しいと評判の私の授業を受けていただければ、きっと数学を好きに、得意になることでしょう。

本質を十分に理解し得られた学力は、大学受験のみならず、その先をかける大きな支えとなります。生涯に渡ってあなたを助けてくれる本物の学力を身につけてほしい。そんな思いでいつも授業を行っています。

まずは体験授業/入塾説明会にご参加ください

授業でお伝えするのは「解き方」ではなく「考え方」です。
それは「覚える」ことではなく「身につける」べきことです。
なぜそう考えるのか?
その本質を基礎から学び,東京大・京都大・国立医レベルの問題を
「自力で解決できる」学力を得るための授業を行います
この春期講習では,そのような世界塾の学習スタイルを紹介します。

春期講習「整数」

対象:新高3・新高2生
日時:3/22(日)~24(火)  18:00~21:00
受講料:18,000円

説明会・体験授業(入塾説明会30分/体験授業60分)    

a)1/26(日)   19:00~20:30
b)2/9(日)     18:30~20:00
c)2/23(日)         18:00~19:30
d)3/15(日)         18:00~19:30
e)3/29(日)         18:00~19:30(満席)
f)4/5(日)           18:00~19:30             
g)4/19(日)        18:00~19:30
※新年度の授業は4/13(月)から始まります。
時間割は「授業内容」のページにございます。

入塾説明会は保護者様もご参加いただけます。
当日は筆記用具をご持参ください。

 

お申込み・お問合せはこちら
ページトップへ